【カービング=carving[ka:rv-ing n.彫刻】

タイの王宮料理を飾る、野菜や果物をナイフを使って美しく彫刻していく技術を「カービング」と呼び、タイでは母から娘へと伝えていく伝統工芸として生活のなかに根づいています。

参考)タイ王国大使館ホームページ カービングについての記述

タイ・カービングの素材は主に、果物、野菜、石鹸など。
お花や自然の中の美しいものをモチーフに彫刻していくものが多く、野菜や果物の彫刻は食卓を美しく飾ることが出来、ホームパーティーなどの華やかなおもてなしなどの場に最適です。
石鹸の彫刻はちょっと珍しいハンドメイド・ギフトとして、またインテリアの一つとして大変喜ばれております。

近年のアジア旅行ブームにより現地で目にする方も多く、帰国後、習得してみたいという習い事の一つとして注目されつつあり、タイに駐在経験のある日本人の多くは、日本で言う生け花のようにたしなみの一つとして習得するケースが見受けられます。

年に数回、タイではカービングのコンテストもあり、一般の方も素晴らしい作品の数々を観ることが出来ます(主な出場者は、ホテル、スクールなど)。


〜 手のひらから美しい花が生まれる感動。
   この美しいカービングの世界を体験してみませんか? 〜

Carving Bee 
村上恵子

 

 

>>戻る

*当ホームページの掲載内容については、 無断で引用、転載、複製することはご遠慮下さい。
Copyright(c)1998-2014 Keiko Murakami All rights reserved